練馬区でマンションリフォームをする場合

マンションのリフォームは制約が多いというイメージが強く、全面リフォームを躊躇している練馬区の人たちも多くいます。

もちろん構造上の制約や管理規約上の制約もあり、戸建て住宅のように自由にできないのは確かです。


制約の範囲内であれば、工夫次第でマンションの全面改修に近いリフォームは、いくらでも可能になっています。

練馬区のリフォームは無限の可能性に満ちあふれています。

確かに梁の存在をはじめ天井や床高など、構造ゆえの物理的な制限はありますが、それらはレイアウトやいろいろなプランニングによってほとんど解決ができる問題ばかりです。



集合住宅なのでいくら分譲マンションであっても、共用スペースとみなされる外壁や玄関のドア窓枠、バルコニーなどは勝手にいじれませんが、占有スペースの室内ならば基本的には自在に改修することができます。
練馬区にある分譲マンションの浴室やトイレなど配管の伴う水回りだって、占有スペース内ならば全く違った場所に作り変えてしまうことも可能になっています。
南側の一番日当たりのよい場所に浴室を配置して、自宅に居ながらにしてリゾート気分を味わうことだって夢ではありません。



マンションではできることが少ないといった固定観念がある分、イメージを超えてしまう意外なプランを作って、よい意味で期待をどう裏切るかが、マンションリフォームの成功のカギになっています。


ある意味では練馬区に建っている戸建て住宅よりもマンションのほうがスペース的な制限があるだけに、変化をつけると効果が出てきます。